×

美帆 世界一狙うも4位 まさかの結果に「“うーん”という感じ」

[ 2020年2月18日 05:30 ]

スピードスケート 世界距離別選手権最終日 ( 2020年2月16日    米ソルトレークシティー )

女子1500メートルで4位の高木美
Photo By 共同

 16日に行われた女子1500メートルで世界記録保持者の高木美帆(日体大助手)は1分51秒58で4位だった。高木菜那(日本電産サンキョー)が8位、小平奈緒(相沢病院)は9位。イレイン・ブスト(オランダ)が1分50秒92で制した。

 女子1500メートルの高木美はこの種目での世界一だけを見据えて準備してきたが4位に終わり、表彰台にも立てなかった。平昌五輪、昨年大会の2位から後退。まさかの結果に「“うーん”という感じ。凄く悔いが残っている」と遠くを見つめた。体調は万全だったというだけに、ショックも大きい。日本のエースは「難しい。まだまだ越えていかないといけないことが、たくさんある」と自らに言い聞かせた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2020年2月18日のニュース