清水、ホッケー日本リーグMVP 脱マイナーへ五輪金メダル誓う

[ 2020年2月18日 05:30 ]

ホッケー日本リーグの女子MVPを受賞したFW清水美並(前列右)はロッチ中岡創一(後列左)、高円宮妃久子さま(後列右)らと記念撮影                             
Photo By スポニチ

 ホッケー日本リーグの表彰式が都内で行われ、お笑いコンビ「ロッチ」の中岡創一(42)が日本協会のアンバサダーに就任したことが発表された。中、高でスティックを握った中岡は「がんばってメジャーにしてほしい。アンバサダーとして広報をがんばりたい」とエールを送った。

 ボールを弾ませて抜く「3Dドリブル」の使い手で、女子のMVPを受賞した日本代表FW清水美並(26=ソニー)は「中岡さんはいろんなところでホッケーの話をしてくれている。私たちは結果で広めたい」と、脱マイナーへ五輪での金メダルを掲げた。また、大臣を歴任した日本協会の中曽根弘文会長は、壇上で国会議員でホッケー応援団を結成したことを明かした。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年2月18日のニュース