ゴールボール 2次内定選手に、女子小宮&浦田

[ 2020年2月18日 05:30 ]

 日本ゴールボール協会は17日、東京パラリンピック代表の2次内定選手として、女子の小宮正江、浦田理恵(ともにアソウ・ヒューマニーセンター)の2人を発表した。

 44歳の小宮は5大会連続、42歳の浦田は4大会連続出場となる。ともに2012年ロンドン大会の優勝メンバー。昨年12月に発表した3人を合わせ、合計5人が代表に決まった。開催国枠で出場する東京大会には6人が出場予定で、残る1人は国際大会の成績を加味し、3月に発表する。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年2月18日のニュース