手嶋啓会長 国体優勝に「25年の節目…喜ばしい」福岡県ゴルフ協会祝賀会

[ 2020年2月4日 12:40 ]

創立25周年・国体優勝祝賀会であいさつする福岡県ゴルフ協会の手嶋啓会長
Photo By スポニチ

 創立25周年と昨秋の茨城国体ゴルフ少年男子優勝を祝う福岡県ゴルフ協会の祝賀会が3日、福岡市のホテルで行われた。

 同協会は福岡県の48クラブが加盟し、1995年に発足した。プロゴルファー、手嶋多一の父で、同協会の手嶋啓会長は「ゴルフを通して地域の活性化を目指す活動が25年の節目を迎え、さらに国体優勝という見事な成績を収められたことは喜ばしい」とあいさつした。

 茨城国体ゴルフでは出利葉太一郎、石塚祥利、長野泰雅(ともに沖学園高)の少年男子が団体優勝、長野は個人戦も制した。女子団体も昨年11月のLPGAプロテストに合格した渋沢莉絵留らの健闘で6位、成年男子は7位とそれぞれ入賞を果たす活躍。各選手の健闘をたたえて同協会から花束が贈られた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年2月4日のニュース