サンウルブズ開幕戦 早大・斎藤&中野がメンバー入り「ひるむことのないプレーを期待」

[ 2020年1月31日 05:30 ]

早大の斎藤
Photo By スポニチ

 スーパーラグビー(SR)のサンウルブズは30日、2月1日の開幕レベルズ戦(レベスタ)の登録メンバー23人を発表し、共同主将に就いたCTB森谷圭介や19年W杯日本代表候補だったフランカー布巻峻介(ともにパナソニック)らの先発が決まった。

 将来の代表入りが期待される天理大3年のWTBシオサイア・フィフィタは14番で先発し、今年度の全国大学選手権を制した早大のSH斎藤直人、CTB中野将伍(ともに4年)の2人はリザーブ入り。SR初の日本人指揮官となった大久保直弥ヘッドコーチは「(大学生3人は)積極性を忘れず、ひるむことのないプレーを期待している」とコメント。今季限りのSR除外が決まっているサンウルブズのラストシーズンが幕を開ける。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月31日のニュース