横綱大関で唯一、貴景勝が白星先行「人のことは考えず、最高の自分を出すだけ」

[ 2020年1月15日 05:30 ]

大相撲初場所3日目 ( 2020年1月14日    両国国技館 )

大栄翔(右)を押し出しで下す貴景勝(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 貴景勝が横綱、大関陣で唯一、白星を先行させた。喉輪の応酬となる中、大栄翔の足が滑った隙を突いて一気に前に出て勝負を決めた。「昨日(北勝富士戦)は力出し切る前に終わり歯がゆさが残った。負けちゃ駄目だけど力を出し切ろうと思ってやっている」。

 他の横綱、大関陣が不覚を取る中で面目を保った。「人のことは考えず、よくない結果が出たとしても最高の自分を出すだけ」。4日目は2横綱、1大関を撃破した遠藤と対戦する。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2020年1月15日のニュース