妙義龍「驚いた。たまたま体が動いた」白鵬からちょうど7年ぶり勝ち星

[ 2020年1月15日 05:30 ]

大相撲初場所3日目 ( 2020年1月14日    両国国技館 )

白鵬(右)を突き落としで破る妙義龍(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 相撲巧者の妙義龍が白鵬から7年ぶりの勝ち星を挙げた。前回の勝利は13年初場所の3日目で、初日から連敗していた状況も同じだった。鮮やかに突き落としが決まり「驚いた。たまたま体が動いた」と振り返った。

 優勝候補筆頭に土をつけた金星に「若いうちは勝てた余韻に浸ったけど、また明日かと思うと喜んでもいられない。うれしいけど」と33歳のベテランらしく、気持ちを切り替えていた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2020年1月15日のニュース