紀平梨花、4回転サルコー10本以上跳んで成功なし 21日に女子フリー

[ 2019年12月20日 14:11 ]

<フィギュア全日本選手権第2日>フリーに向けて練習する紀平梨花(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 フィギュアスケート全日本選手権(国立代々木競技場)の女子フリーを21日に控え、ショートプログラム(SP)で首位に立った紀平梨花(関大KFSC)らが20日、公式練習で調整した。

 GPファイナルのフリーで初めて挑戦して転倒した4回転サルコーについて、紀平はSP後、「今のところ何があっても入れるつもり」と今大会のフリーでの投入に強い意欲を見せていた。

 この日はフリー曲を流しての滑走では回転が抜け、他にも入念に取り組んだが、10本以上跳んで1度も成功はなし。トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)は好調だった。

 紀平は21日のフリーで24番目の最終滑走で、午後9時3分に登場する。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年12月20日のニュース