紀平梨花、万全トリノ入り ファイナル連覇へ15センチカット「結構いい感じ」

[ 2019年12月3日 18:48 ]

<グランプリファイナル>トリノ空港に到着し笑顔を見せる紀平梨花(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 5日開幕のフィギュアスケートグランプリ(GP)ファイナル(イタリア・トリノ)に出場する昨年女王の紀平梨花(17=関大KFSC)が3日、現地のトリノ空港に到着した。調子については「結構いい感じです」と笑顔で語り、好感触でシーズン序盤の天王山に向かう。

 代名詞のトリプルアクセルと、今大会での投入を視野に入れる4回転サルコーを突破口に大会連覇を狙う。現地入り前には美容院でバッサリカット。「15センチくらい切りました。行く暇がなさそうなので、多めに切っておきました」と話し、ジャンプの感覚は「あまり変わらないです」と笑った。4日に公式練習を行う。

 同時開催のジュニアGPファイナルに出場する男子の鍵山優真(16=星槎国際高等学校横浜高)、佐藤駿(15=埼玉栄高)も紀平と同じ便で現地入りした。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年12月3日のニュース