張本、準優勝のW杯から帰国 五輪にも意欲「結果を残すのが目標」

[ 2019年12月3日 05:30 ]

成田空港で取材に応じる張本智和
Photo By スポニチ

 卓球男子でシングルスの東京五輪代表入りを確実にした張本智和(16=木下グループ)が2日、準優勝した男子W杯が行われた中国の成都から成田空港に帰国した。初の五輪に「ホッとした。出るだけでなく結果を残すのが目標」と意欲を見せた。

 日本男子初の銀メダルを獲得したW杯では準決勝で16年リオ五輪金メダルの馬龍(バリュウ)(中国)を撃破、決勝も世界ランク1位の樊振東(ハンシントウ)(中国)と熱戦を演じ「初めてメダルを獲れたのはうれしいが、決勝でつかみ取れなかったのは悔しい」と語った。次戦はワールドツアー・グランドファイナル(12日開幕、中国)。「悔いのないように」と2連覇に向けて意気込んだ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年12月3日のニュース