名古屋場所三賞で炎鵬が初受賞 技能賞に選ばれる

[ 2019年7月21日 13:34 ]

炎鵬
Photo By スポニチ

 大相撲名古屋場所の三賞選考委員会が21日、ドルフィンズアリーナで開かれ、各賞が決まった。

 【殊勲賞】友風(初)、琴奨菊は白鵬が優勝して自身が勝ち越す条件付き
 【敢闘賞】照強(初)
 【技能賞】遠藤(3)、炎鵬(初)

 遠藤について、審判部長代理の境川親方(元小結・両国)は「四つ身のうまさが際立った」話し、照強については「終盤までの優勝争いのカギを握った。よく頑張った」と続けた。
 

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2019年7月21日のニュース