錦織、全仏ストレート発進!第3セット苦戦も「1、2セット目は完璧」と自賛

[ 2019年5月26日 22:48 ]

全仏オープン ( 2019年5月26日    パリ・ローランギャロス )

カラフルなウェアで全仏初戦に臨んだ錦織圭(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 テニスの全仏オープンは26日、パリのローランギャロスで開幕し、男子シングルスで世界ランキング7位の錦織圭(29=日清食品)が1回戦で世界153位のカンタン・アリス(22=フランス)と対戦。6―2、6―3、6―4のストレート勝ちで5年連続の2回戦進出を決めた。

 「1セット目、2セット目は完璧だった」と自賛するほど、序盤から地元のアリスを圧倒。第3セットは2つのブレークを奪われるなど苦しんだが、3つのブレークを奪って勝利。「手こずったけど、彼もいいプレーをしていた」と振り返った。

 2回戦ではツォンガ(フランス)―ゴヨブジク(ドイツ)の勝者と対戦する。「タフな試合になると思う。しっかりと休んで備えたい」と次戦を見据えた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年5月26日のニュース