中西直人 苦しい立ち上がりも「ここからですね」

[ 2019年5月26日 11:22 ]

男子ゴルフ・関西オープン最終日 ( 2019年5月26日    奈良・KOMACC )

 男子ゴルフの関西オープン最終日は26日、奈良・KOMACCで行われ、2打差3位で出た中西直人(30=国際スポーツ振興協会)は1番と3番でボギーを打つ苦しい立ち上がりとなった。

 1番パー4では1メートルのパーパットが蹴られた。大阪府岸和田市出身の陽気な“お祭り男”は「まだまだ先は長い」と言い、ギャラリーには「残念でした、すみません」と大きな声で謝った。3番パー5でも3オンしたものの、1・5メートルのパーパットを決められずボギー。「ここからですね」と自分に言い聞かせると、ギャラリーからは「がんばれ!」と大きな声が飛んだ。

 単独首位で出たスンス・ハン(33=米国)は4番までパーを重ね、通算15アンダーで首位にキープしている。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年5月26日のニュース