米大統領杯、来年以降も夏場所優勝力士に授与へ 八角理事長「大きな励みに」

[ 2019年5月26日 19:05 ]

<大相撲夏場所千秋楽>トランプ大統領が朝乃山(左)にアメリカ合衆国大統領杯を授与する(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 トランプ米大統領と安倍首相が26日の大相撲夏場所千秋楽(両国国技館)を観戦したことを受けて、日本相撲協会の八角理事長(元横綱・北勝海)は「本日はトランプ大統領と安倍首相を5月場所千秋楽にお迎えすることができ、誠に光栄の至りです。ご観戦いただいた上、初めてのアメリカ合衆国大統領杯を授与していただきましたことに、日本相撲協会を代表して深く感謝申し上げます」とのコメントを出した。

 大統領杯については、来年以降も5月場所の優勝力士に授与されることになったことを明かし、「力士一同に取り、大きな励みとなります」と感謝。「このたびの大統領の格別のお取り計らいを糧として、私どもは日本の伝統文化である大相撲の発展に一層、努めてまいる所存です」と結んだ。

 芝田山広報部長(元横綱・大乃国)は「この御縁が、未来に向けて両国間の架け橋に一役買えたらいいですね」と話した。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年5月26日のニュース