令和初勝利は勝みなみ!全美貞とのプレーオフ制した

[ 2019年5月5日 18:30 ]

パナソニック・レディース最終日 ( 2019年5月5日    千葉・浜野GC=6566ヤード、パー72 )

<パナソニック・レディース・最終日>プレーオフを制しガッツポーズを見せる勝みなみ(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 女子ゴルフのパナソニック・レディースは5日、千葉県の浜野GCで最終ラウンドが行われ、“黄金世代”の勝みなみ(20=明治安田生命)が全美貞(36=韓国)とのプレーオフを制して優勝。昨年11月の大王製紙エリエール・レディース以来の2勝目となり、女子レギュラーツアーの“令和初勝利”を手にした。

 通算12アンダーで並び、プレーオフに突入。498ヤードの18番パー5で、勝は2オンに成功した。一方の全美貞は3オンで、4~5メートルのバーディーパットを決めきれずにパー。最後は勝が約50センチのウイニングパットとなるバーディーパットを沈め、1ホール目で決着がついた。

 4月に米ハワイで開催されたロッテ選手権で米ツアー初出場。高麗芝でもベント芝でもないグリーンを経験し、これまで悩んでいたパットに自信を取り戻した。「そんな(日本にない)グリーンで打てて、ちょっとずつ感じがつかめた」。最終日を前に、「ハワイから気持ち的にも変わったというか、やれる気がする」と自信を口にしていた通りの展開となった。


以下主な成績
-12
(1)勝 みなみ
(2)全美貞
-11
(3)永井 花奈
(3)黄 アルム

続きを表示

この記事のフォト

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年5月5日のニュース