斉藤、リネールと乱取り「圧が凄い」柔道男子代表合宿

[ 2019年5月5日 05:30 ]

男子代表合宿で、打ち込みの相手をする斉藤立(中央)
Photo By スポニチ

 柔道の男子日本代表合宿が4日、東京都北区の味の素ナショナルトレセンで公開された。男子100キロ超級のホープ・斉藤立(国士舘高)は五輪連覇中の“絶対王者”で合宿に参加中のテディ・リネール(フランス)と乱取りしたことを明かした。この日はケガで練習しなかったが「昨日お願いして一度だけやりました。(相手は)本気じゃないが圧が凄かった」と明かした。リネールは斉藤が五輪2大会連続王者の故・斉藤仁氏の子息だと知っていたという。

 目標としていた東京五輪出場は絶望的だが、絶対王者との距離感を測り「引き手を持つとすぐ切られる。これからです。いい経験になった」と前向き。リネールは地元開催の24年パリ五輪まで現役続行の見込み。5年後に超えるため、一歩一歩階段を上る。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年5月5日のニュース