酒井 パット好感触「ここは合っている」唯一のノーボギー

[ 2019年4月20日 05:30 ]

女子ゴルフツアー KKT杯バンテリン・レディース第1日 ( 2019年4月19日    熊本県 熊本空港CC=6428ヤード、パー72 )

KKT杯バンテリン・レディース第1日 10番、ティーショットを放つ酒井(撮影・中村 達也)
Photo By スポニチ

 出場選手中ただ一人ボギーなしで回ったプロ10年目の酒井は「パッティングが良かった。硬くて速いグリーンが好きなのでここは合っている」。2番はカラーから10メートル、5番は8メートルを沈めて5バーディーを奪った。14年に2勝を挙げたが以後は未勝利。しかし昨年はフェアウエーキープ率1位(77・7569%)に輝き、ショットの安定度が増した。大ファンのアイドルグループで東京ドーム公演中の嵐を引き合いに「嵐は東京、私は熊本で頑張る」と5年ぶりの優勝を見据えた。

 ▼21位竹田麗央 プロの皆さんはグリーンを外したときのアプローチが上手だった。(熊本国府高1年のアマはプロ戦初出場に)

 ▼39位アン・シネ ショットは凄く良かった。でも後半は飛びすぎてグリーン奥に外すことが多くなってスコアを崩した。(前半4バーディー、1ボギーの33、後半は40)

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年4月20日のニュース