璃花子、東京五輪へ「まだ諦めないぞ!」 白血病公表から1カ月

[ 2019年3月14日 05:30 ]

池江璃花子(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 白血病で闘病中の競泳女子の池江璃花子(18=ルネサンス)が13日、自身のインスタグラムを更新した。五輪マークのモニュメントに腰掛けた自身の写真をアップ。東京五輪開幕まで500日を切ったことを受け「東京オリンピックまで499日 1日遅れちゃった。まだまだ諦めないぞー!!」と記した。

 2月12日に白血病と診断されたことを明らかにし、競技を離れて治療に専念している。東京五輪出場には来年4月の日本選手権で派遣標準記録を突破して2位以内に入ることが条件。日本選手権の出場権を得るためには、今年度内にレースに復帰する必要がある。病気克服に加えて時間との戦いもある険しい道のりとなるが、東京五輪への強い意欲を改めて示した形だ。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年3月14日のニュース