大坂なおみ「自分にはテニスしかない」連覇へ隙なし16強 次戦13日はベンチッチと対戦

[ 2019年3月12日 11:52 ]

雄叫びを上げる大坂なおみ(AP)
Photo By AP

 テニスのBNPパリバ・オープンは11日(日本時間12日)、女子シングルス3回戦が行われ、連覇を狙う第1シードの大坂なおみ(21=日清食品)は、1月の全豪で4強入りした世界ランキング25位のダニエル・コリンズ(25=米国)と対戦。6―4、6―2でストレート勝ちし、16強入りを決めた。

 試合後のインタビューでは「テニスは昔から楽しんでいますが、短い期間にいろいろ考えて、自分にはテニスしかないと思った」と笑顔。

 12日(日本時間13日)に行われる4回戦では、先月のドバイ選手権で優勝して勢いに乗るベリンダ・ベンチッチ(22=スイス)と対戦する。8強進出へ向け「砂漠に花があることは知らなかったけど、この会場や雰囲気は最高。次の試合も頑張ります」と言い切った。

続きを表示

この記事のフォト

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年3月12日のニュース