代表候補合宿・第1クール終了 リーチ主将「みんな意外と走れている」と充実感

[ 2019年2月9日 05:30 ]

第1クール最終日で練習後に円陣を組むラグビー日本代表候補
Photo By スポニチ

 ラグビー日本代表候補合宿は東京都町田市で第1クール最終日を終え、リーチ・マイケル主将(30=東芝)は「スキルは初日に比べれば上がっている。みんな意外と走れているのもいいこと」と充実感を漂わせた。

 2月の第4クールまでのテーマがフィジカル、フィットネスの向上と基礎スキルの徹底。主力選手には合宿開始まで6週間の休養が与えられていたが、初日に行われた体力測定で、多くの選手が昨秋と同じ数値を叩き出したという。リーチ自身、持久力を測るYO―YOテストで昨秋に出した自己ベストを今回もマーク。「ここからまだ伸びしろがある」と7カ月後に開幕するW杯へ手応え十分だ。

 土日はそれぞれリフレッシュし、11日からは第2クール。徐々に強度を上げて“山頂”を目指す。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年2月9日のニュース