変則スイングの崔虎星 スコア伸ばせず後退 ミケルソンらが暫定首位

[ 2019年2月9日 16:20 ]

第2ラウンドでプレーする崔虎星 (AP)
Photo By AP

 米男子ゴルフのAT&Tペブルビーチ・プロアマは8日、カリフォルニア州ペブルビーチのペブルビーチ・リンクスなど3コースで第2ラウンドが行われ、悪天候によるサスペンデッドとなり、ホールアウトした選手の中でフィル・ミケルソン(48=米国)ら4人が通算10アンダーで暫定首位に並んだ。日本人選手は出場していない。

 第1ラウンドで111位タイと出遅れた崔虎星(チェ・ホソン、45=韓国)は、この日も2バーディー、5ボギーの3オーバーとスコアを伸ばせず、通算4オーバーの暫定128位タイに後退した。日本ツアーで通算2勝の崔虎星は、この大会が米ツアー初戦。フィニッシュで右足を地面から離す変則スイングは、現地でも注目されている。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年2月9日のニュース