両横綱、危なげなく3連勝 白鵬涼しげに「反応できている」

[ 2018年7月11日 05:30 ]

大相撲名古屋場所3日目 ( 2018年7月10日    ドルフィンズアリーナ )

琴奨菊(右)をすくい投げで下す白鵬(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 両横綱は危なげなく3連勝とした。白鵬は琴奨菊にもろ差しを許しかけたが、素早く動いて逃れ、右すくい投げ。「体が動いているから反応できている」と涼しい顔だ。11日は母国モンゴルの祭典「ナーダム」があり、自身の所有する馬が走るだけに「(自分も)頑張ります」と気合を込めた。

 鶴竜は右からの上手出し投げで崩し、正代を一蹴。一度も負けたことのない相手だったが「気楽にいかないで、集中して締めていった」と抜かりなかった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「貴乃花」特集記事

2018年7月11日のニュース