大迫傑 東京マラソン出場を表明 設楽悠太も同期対決に意欲

[ 2018年7月11日 19:21 ]

東京マラソンでの動機対決に意欲を燃やす設楽(左)と大迫
Photo By スポニチ

 男子マラソンの大迫傑(27=ナイキ・オレゴンプロジェクト)が11日、来年3月の東京マラソン出場を表明した。同日都内で行われたナイキのイベントで明かした。大迫は「地元の東京を走ることでモチベーションを上げていきたい」と意気込みを語った。イベントには日本記録保持者の設楽悠太(26=ホンダ)も参加。設楽は今年2月の東京マラソンで日本記録となる2時間6分11秒をマークした思い入れのある大会だけに「東京マラソンは外せない大会。大迫選手とマラソン界を盛り上げたい」と同期対決に意欲を燃やしていた。

 大迫は昨年12月の福岡国際マラソンで日本歴代5位(当時)となる2時間7分19秒で日本勢最高の3位。設楽は2月の東京マラソンで日本記録を5秒上回る2時間6分11秒をマークして日本人最高の2位に入るなど現役ランナーとして日本を引っ張っる存在となっている。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「貴乃花」特集記事

2018年7月11日のニュース