真凜 厳しいGPデビュー、ジャンプ2度失敗 SP10位

[ 2017年10月28日 05:31 ]

スケートカナダ女子SP 新しいプログラムを披露する本田(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦、スケートカナダは27日(日本時間28日未明)、レジャイナで開幕し、女子ショートプログラム(SP)で本田真凜(16=関大高)は2度のジャンプ失敗があり、52・60点で10位だった。

 本田は最初の3回転連続ジャンプで尻餅をつき、GPシリーズデビュー戦は厳しい幕開けとなった。本郷理華(21=邦和スポーツランド)は61・60点で6位。ケイトリン・オズモンド(カナダ)が76・06点で首位発進した。

 フリーは28日(日本時間29日)に行われる。

続きを表示

この記事のフォト

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2017年10月28日のニュース