丸ちゃん長男 ショット安定せず…4差4位後退、中島9位浮上

[ 2017年10月28日 05:30 ]

男子ゴルフ アジア・パシフィック・アマチュア選手権第2日 ( 2017年10月27日    ニュージーランド ロイヤルウェリントンGC=6845ヤード、パー71 )

アジア・パシフィック・アマ第2日 通算3アンダーで4位に後退した丸山
Photo By 共同

 第2ラウンドが行われ、丸山茂樹(48=セガサミーホールディングス)の長男・丸山奨王(しょうおう、17)は1バーディー、2ボギーの72で通算3アンダー、139となり2位から4位に後退した。首位とは変わらず4打差。68をマークした中島啓太(17)が通算2アンダーで23位から9位に浮上した。優勝者に来年のマスターズと全英オープンの出場資格が与えられる。

 丸山奨は我慢の連続だった。ショットが安定感を欠いた上、チャンスにつけてもグリーンを読み切れなかった。「もったいない。今日を(4日間で)最悪な日にしないといけない」と首をひねった。前夜は2位発進の結果を、父の茂樹に電話で報告した。「びっくりして、喜んでいた」と明かした。苦しみながらも首位に4打差と持ちこたえて、決勝ラウンドの2日間に臨む。「自分のいいゴルフができれば上にいける」と気持ちを奮い立たせた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「貴乃花」特集記事

2017年10月28日のニュース