PR:

宇野昌磨がSP首位!2位はチャン、無良8位 スケートカナダ

スケートカナダ男子SPで1位発進の宇野昌磨(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦、スケートカナダは27日(日本時間28日未明)、レジャイナで開幕。男子ショートプログラム(SP)で宇野昌磨(19=トヨタ自動車)は103・62点で首位スタートとなった。今年9月のロンバルディア杯で記録した自己ベストの104・87点に迫る高得点をマークした。

 2位はパトリック・チャン(カナダ)で94・43点。無良崇人(26=洋菓子のヒロタ)は74・82点で8位だった。

 宇野は冒頭の4回転フリップを鮮やかに決めると、後半の連続ジャンプでは4回転―3回転の予定も「4回転が回り過ぎたから」と3回転を2回転に変更する冷静な対応。演技後は観客のスタンディング・オベーションを受け、「何も頭に入ってなかったこなかったですね。すごく集中をしていたので、何も覚えていないです」と話した。

[ 2017年10月28日 10:29 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:02月19日08時〜09時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      コラム

      ランニング企画