GPシリーズ初参戦の真凜、フリーで巻き返しも5位 本郷6位

[ 2017年10月29日 03:59 ]

<スケートカナダ>笑顔で女子フリーの演技をする本田真凜(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦、スケート・カナダは28日、カナダのレジャイナで女子フリーが行われ、日本勢は本田真凜(16=関大高)が5位、本郷理華(21=邦和スポーツランド)は6位だった。ショートプログラム(SP)首位のケイトリン・オズモンド(21=カナダ)が合計212・91点で優勝した。

 GPシリーズデビュー戦でSP10位と出遅れた本田はフリーで3位となる125・64点をマークして巻き返したものの、トータル178・24点で5位。SP6位の本郷はフリーで114・74点と伸ばせず、トータル176・34点で順位は変わらなかった。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「貴乃花」特集記事

2017年10月28日のニュース