PR:

近藤亜美、涙…日本勢メダル1号も「申し訳ない気持ちでいっぱい」

<柔道・女子48キロ級 準決勝>銅メダルが確定し、涙の近藤
Photo By スポニチ

リオデジャネイロ五輪柔道

(8月6日)
 銅メダルを獲得し日本勢のメダル第1号となった女子48キロ級の近藤亜美(21=三井住友海上)は、五輪初出場でのメダルにも「申し訳ない気持ちでいっぱいです」と悔しさをのぞかせた。

 「(準決勝の相手の)パレト選手の監督から、メダルが有るのと無いのとでは全く違うと言われた」と励ましの言葉があったことを明かし、3位決定戦ではウランツェツェグ・ムンフバット(モンゴル)に終了間際に隅落としで有効を奪い、優勢勝ち。

 それでも「実力の無さがはっきり出た形になって、これを次のオリンピックに活かしたい。ここはここでしっかり受け止めて、次は東京で皆の前でやり直したい」と2020年の東京五輪に向け前を向いた。

 13年に高校生でGS東京大会を制し、14年に19歳で世界選手権(ロシア)で優勝した。田村亮子(現姓谷)らに次ぐ史上3人目の10代の世界女王だったが、その後は低迷。食事の管理や嫌いだったウエートトレーニング、練習嫌いを克服してつかんだ五輪切符だった。

[ 2016年8月7日 05:13 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:05月25日19時〜20時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      コラム

      ランニング企画