リオ五輪 主将に吉田沙保里、女子初 旗手は右代

[ 2016年7月1日 17:09 ]

 日本オリンピック委員会(JOC)は1日、8月のリオデジャネイロ五輪の日本選手団主将にレスリング女子53キロ級で4連覇を狙う吉田沙保里(33)、旗手に陸上男子十種競技の右代啓祐(29)=スズキ浜松AC=が決まったと発表した。女子が夏季五輪で日本選手団主将を務めるのは初めてで、吉田は前回2012年ロンドン五輪で旗手を務めたのに続く大役となる。

 吉田は五輪と世界選手権を合わせて16大会連続世界一に輝いており、リオ五輪で男女を通じて日本勢初、女子に限れば世界でも前人未到の4連覇に挑戦する。右代は日本記録保持者で、14年仁川アジア大会で優勝した実績がある。

 結団式は3日に東京都内で行われ、大会は8月5日に開幕する。

続きを表示

「稀勢の里」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2016年7月1日のニュース