渡辺、代表リザーブ入り「とても緊張」 ウルグアイ戦メンバー発表

[ 2015年8月20日 17:21 ]

 日本ラグビー協会は20日、リポビタンDチャレンジカップ2015(22日、レベスタ)でウルグアイ代表と対戦する日本代表の登録メンバー23人を発表。左プロップ(1番)に故障者が続出したため、18日に代表の宮崎合宿に追加招集された渡辺隆之(21=東海大)がリザーブ入りした。渡辺は出場すれば、代表初キャップを獲得する。

 渡辺は6月の代表合宿に練習生として約2週間参加。エディー・ジョーンズ・ヘッドコーチからも高い評価を受けていた。その後の合宿には招集されなかったが、チームの緊急事態を受けて再招集され、今回のメンバー入りとなった。

 最終的にW杯メンバー入りできるかどうかは微妙だが「とても緊張している。うれしさと緊張が半々くらいだが、今回チャンスをもらえるのはとても運のいいこと。もし出られることになったら、自分のやれることをやり切りたい。まずはスクラム、セットプレーを安定させること。(本来は3番だが)1番に慣れていないとかは関係ない。負けたらそこで負けなので、1 つ 1 つのプレーでまず勝ちに行くことを心がけて、タックルも低く入っていきたい」とコメント。

 シンデレラボーイが日本代表の危機を救うか、注目が集まる。

 先発メンバーは次の通り。

▽FW
三上正貴(東芝)
大野均(東芝)
リーチ・マイケル(東芝)
堀江翔太(パナソニック)
山下裕史(神戸製鋼)
伊藤鐘史(神戸製鋼)
ヘイデン・ホップグッド
ツイ・ヘンドリック(サントリー)

▽HB
日和佐篤(サントリー)
小野晃征(サントリー)

▽TB
内田啓介(パナソニック)
田村優(NEC)
マレ・サウ(ヤマハ発動機)
カーン・ヘスケス(サニックス)

▽FB
五郎丸歩(ヤマハ発動機)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2015年8月20日のニュース