遼、プレーオフ進出へ「目指すプレーできれば」

[ 2015年8月20日 08:20 ]

プロアマ戦で笑顔の石川遼

 米男子ゴルフのレギュラーシーズン最終戦、ウィンダム選手権の開幕を翌日に控えた19日、松山英樹と石川遼が会場となるノースカロライナ州グリーンズボロのセッジフィールドCC(パー70)でプロアマ戦に出場して最終調整した。

 ツアーは次週から、今季獲得ポイントの125位以内が出場できるプレーオフが始まる。メジャーの全米プロ選手権直後の今大会は欠場する有力選手も多いが、松山は「優勝のチャンスは1回でも多くある方がいい」と出場を決めた。プロアマ戦は調子を崩していたショットの感覚を確かめながら、終始リラックスした雰囲気でプレーした。

 現在ポイントで130位の石川は、今大会の40位前後がプレーオフ進出への一定の目安になる。「自分の目指すプレーができればクリアできると思う。3アンダーくらいを4日間続けたい」と意気込んだ。(共同)

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2015年8月20日のニュース