過去の五輪でのハーフ選手たち…室伏広治、ディーン元気など

[ 2015年8月20日 14:04 ]

過去の五輪日本代表選手で代表的なハーフ選手、陸上男子ハンマー投げの室伏広治

「ハーフアスリート」驚異の身体能力に迫る

 過去の五輪日本代表選手で代表的なハーフ選手は、陸上男子ハンマー投げの室伏広治=だ。ハンマー投げでアジアの鉄人と呼ばれた父・重信さんとルーマニア人でやり投げの選手だった母を持ち、04年アテネ五輪金メダル、12年ロンドン五輪銅メダルを獲得した。

 英国人を父に持つ陸上男子やり投げのディーン元気は12年ロンドン五輪に出場し、10位に入った。陸上女子でジャマイカ系米国人の父を持つ金沢イボンヌは96年アトランタ、00年シドニーと2大会連続で五輪代表となった。野球ではイラン人の父を持つダルビッシュ有が08年北京五輪、サッカー男子ではドイツ人の母を持つ酒井高徳が12年ロンドン五輪に出場した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2015年8月20日のニュース