日馬 小保方氏擁護「同級生で勇気をもらったのに」

[ 2014年3月16日 05:30 ]

高安(右)を寄り切る日馬富士

大相撲春場所7日目

(3月15日 ボディメーカーコロシアム)
 日馬富士は高安を圧倒し7連勝。立ち合いから頭で当たって押し込み、右上手を取る。裾払い、出し投げは失敗したものの右張り手からもろ差しになり寄り切った。「集中してやった。自分の立ち合いをしたまで。体が反応してくれている」と笑顔。

 帰り際には、理研の小保方晴子氏らのSTAP細胞の論文問題に言及し「なんでみんな足を引っ張るの?同級生で勇気をもらったのに」と不満げに話していた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2014年3月16日のニュース