フェリックス右太腿裏の筋断裂…まさかの途中棄権

[ 2013年8月18日 06:00 ]

女子200メートル決勝で途中棄権し、兄に抱えられるフェリックス

世界陸上第7日

(8月16日 ロシア・モスクワ=ルジニキ競技場)
 女子200メートルで本命視されたフェリックスはまさかの途中棄権。50メートルすぎに脚を痛め、トラックに倒れ込んだ。

 男女を通じて単独史上最多の通算9個目の金メダルを狙ったレースは最悪の結末。マネジャーを務める兄に抱えられ、トラックを後にした。米国陸連は右太腿裏の筋断裂と発表し、400メートル、1600メートル両リレーの出場は絶望的。優勝したフレーザープライスは「彼女は素晴らしい選手。また一緒に戦いたい」と気遣った。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2013年8月18日のニュース