国内女子ツアー開幕戦へ さくら、美香らが最終調整

[ 2013年3月7日 18:16 ]

プロアマ戦でティーショットを放つ宮里美香

 女子ゴルフの国内ツアーは8日からのダイキン・オーキッド・レディース(沖縄県琉球GC)で開幕する。大会前日の7日は横峯さくらや地元出身の宮里美香、2年連続賞金女王を狙う全美貞(韓国)らがプロアマ戦で最終調整した。

 昨季未勝利に終わった横峯は「いよいよ始まるな、という気持ちです。賞金女王を目指します」と4年ぶりの頂点に意欲を示した。全美貞は「試合で自分の力を出すことは重要ですが、楽しむことが一番」と平常心を強調した。

 今季は1試合増の36試合を実施。賞金総額も史上最高の31億3600万円になった。3年連続で賞金女王となった韓国勢に日本勢がどう対抗するかも注目の一つ。日本女子プロゴルフ協会の小林浩美会長は「選手もモチベーションを高く持ってできる。競争で面白さも上がっていると思う」と期待を寄せた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2013年3月7日のニュース