81歳パーマー&71歳ニクラウス、会心ショット

[ 2011年4月8日 06:00 ]

1番でパーマー(左・奥)が見守る中、ティーショットを放ち声援に応えるニクラウス

第75回マスターズ第1日

(4月7日 米ジョージア州オーガスタ オーガスタ・ナショナルGC(7435ヤード、パー72))
 開幕を告げるティーショットを放つ「名誉スターター」として、81歳のアーノルド・パーマーと71歳のジャック・ニクラウスの2人が昨年に続いて登場。爽やかに晴れた1番ティーグラウンドで「伝説」と紹介され、万雷の拍手で迎えられた。

 2人ともボールをきっちりフェアウエーに飛ばすとハイタッチをかわした。大会最年長記録の46歳でマスターズを制してから25年がたったニクラウスは、報道陣の前で思い出話をしながら目を潤ませた。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2011年4月8日のニュース