男子単の佐々木が4強!イケシオも準決勝へ

[ 2011年4月8日 22:10 ]

 バドミントンのオーストラリア・オープンは8日、メルボルンで各種目の準々決勝を行い、シングルスでは男子の佐々木翔(トナミ運輸)が日本勢でただ一人、勝ち上がった。

 混合ダブルスは池田信太郎、潮田玲子組(日本ユニシス)、橋本博且(トナミ運輸)藤井瑞希(ルネサスSKY)組が4強入り。男子ダブルスは佐藤翔治、川前直樹組(NTT東日本)ら3組の日本勢が準決勝に進んだ。女子ダブルスで全英オープン準優勝の藤井、垣岩令佳組(ルネサスSKY)は敗退した。(共同)

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2011年4月8日のニュース