「夢舞台」も冷静!藤田、お見事初陣2アンダー

[ 2011年4月8日 06:00 ]

第1ラウンド、1番でティーオフする藤田寛之

第75回マスターズ第1日

(4月7日 米ジョージア州オーガスタ オーガスタ・ナショナルGC(7435ヤード、パー72))
 41歳にして初のマスターズ出場となった藤田は幸先よくバーディー発進した。

 1番パー4で第1打を右のバンカーに入れたものの、そこから1・5メートルへ。同組のグーセンがイーグルを決めて観衆がざわついていた中、パットを冷静に沈めた。マスターズについて「夢のまた夢の舞台」と語っていたが、経験豊富なベテランらしく、その後も浮足立つことなくプレー。打ち下ろしの6番パー3で3メートルを沈めてバーディー、8番パー5でもバーディーを奪った。

 前日は長男の大稀(ひろき)くん(7)をキャディーに従えてパー3コンテストを満喫した。息子に10センチのパーパットを任せるなど、マスターズならではのお祭り的な雰囲気を堪能。「シビアなゴルフになる本番の前に、凄く楽しめた」とリフレッシュして本番に臨んでいた。

 3アンダーで折り返した藤田。後半は11番でダブルボギーを叩くも、13番パー5でイーグル。17番ボギーで一歩後退も、2アンダーで初舞台の第一幕を終えた。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2011年4月8日のニュース