キム・ヨナもビデオで登場 18年冬季五輪招致へ3都市プレゼン

[ 2011年4月8日 11:37 ]

 2018年冬季五輪開催を目指す平昌(韓国)ミュンヘン(ドイツ)アヌシー(フランス)の3都市が7日、ロンドンで開かれた国際会議「スポーツアコード」で招致プレゼンテーションを行い、開催計画などをアピールした。

 平昌は韓国の鄭柄国文化体育観光相が新たに5億ドル(約425億円)を投じる国内の冬季競技施設整備策を発表し、フィギュアスケート女子のキム・ヨナがビデオで登場。ミュンヘンは、2月のアルペンスキー世界選手権などで会場が満員になった例を挙げ、高い人気がスポンサーにも魅力になると訴えた。アヌシーは選手本位でコンパクトな開催計画を強調した。開催都市は7月6日の国際オリンピック委員会(IOC)総会(ダーバン=南アフリカ)で決まる。(共同)

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2011年4月8日のニュース