高橋が優勝!羽生2位、小塚4位

[ 2011年2月19日 22:33 ]

フィギュアスケートの四大陸選手権でメダルを獲得し笑顔を見せる(左から)2位の羽生結弦、優勝した高橋大輔、3位のジェレミー・アボットの各選手

四大陸選手権第3日

(台北)
 フィギュアスケートの四大陸選手権第3日は19日、台北で行われ、男子フリーでショートプログラム首位の高橋大輔(関大大学院)が160・51点、合計でも244.00点をマークし3年ぶり2度目の優勝を果たした。3月の世界選手権(東京)では日本勢初の2連覇を狙う。

 SP3位の羽生結弦(宮城・東北高)は冒頭の4回転トーループを美しい着氷で降りるなど、自己最高の151・58点を出し、合計でも自己ベストを大幅に更新する228・01点で2位。同6位と出遅れた小塚崇彦(トヨタ自動車)は157・27点、SPとの合計で223・52点とし4位とした。

 SPで2位だったジェレミー・アボット(米国)がフリーでは148・98点の合計225・71点とし3位に。

 ▽高橋大輔の話 改善点がたくさん見つかり、世界選手権へすごくいい試合になった。4回転が跳べなかったことや、最後にばててしまったりしたが、うまくまとめられるようになった。プログラムの内容を変えて滑りやすくなったし、これで世界選手権に間に合うと思う。

 ▽羽生結弦の話 順位とかではなく、4回転が決まったことがうれしい。120点です。最後まで集中して滑れたし、点数も出てうれしかった。最後は疲れて相当、苦しくなった。これを自信に来シーズンも高い目標をもってやりたい。

 ▽小塚崇彦の話 ジャンプのミスは目立ったが(表現面で)収穫があってよかった。世界選手権まで1カ月ある。体力がつけば問題ない。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2011年2月19日のニュース