×

川崎Fは今季最少のシュート3本で零敗 鬼木監督「もっとアグレッシブに戦わせないと」

[ 2024年6月16日 19:40 ]

明治安田J1リーグ第18節   川崎F0―1神戸 ( 2024年6月16日    国立競技場 )

<神戸・川崎F>川崎F・鬼木監督(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 14位と苦戦する川崎Fは今季最少のシュート3本で4位・神戸に零敗した。前半から相手の圧力に押されて苦戦を強いられ、前半43分に失点。鬼木監督は「とにかく攻撃。前半はバックパスや横パスが多かった。よりボールを欲しがる選手、ミスしても堂々とやることが必要だった」とハーフタイムに交代のカードを切った。

 システムも4―3―3から4―2―3―1に見直し、ビルドアップの改善や相手のロングボール対策でセカンドボールの回収を意識してダブルボランチに替えた。後半は態勢を立て直して攻勢に出る場面もあったが、シュート数は前半の1本から後半2本に増えただけ。指揮官は「もっとアグレッシブに戦わせないといけなかった。フロンターレの攻撃的なサッカーを見せたかった」と漏らした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2024年6月16日のニュース