×

神戸・ロティーナ監督「いい戦いをしないと」26日浦和との後半戦初戦へ決意

[ 2022年6月25日 15:00 ]

浦和戦に向けてオンライン会見に応じる神戸・ロティーナ監督(C)VISSEL KOBE
Photo By スポニチ

 J1神戸・ロティーナ監督が25日、浦和戦を翌日に控えオンライン会見に応じた。前半戦ラストマッチとなった前節のアウェー柏戦でも敗れ、リーグ戦の折り返しを最下位で迎えることに。“最下位ターン”はJ2降格となった2005年以来の苦境だ。

 「当然満足できる前半戦ではない。リーグ戦で結果が出ていないのは重く受け止める」。指揮官は神妙な面持ちで語り「改善の道のりは長い」と続けた。

 ただ、暗い話題ばかりではない。22日の天皇杯3回戦ではJ2山口相手に逆転勝利。0―1から試合終了間際にひっくり返す執念を見せた。「(ルヴァン杯、ACLを含め)カップ戦はすべての大会で(優勝の)可能性は残しているが、リーグがいちばん大事なコンペティション(競争)。そのリーグでもっといい戦いをしないと」とロティーナ監督。浦和を撃破し、何とかいい形で後半戦のスタートを切りたい。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2022年6月25日のニュース