×

U-21日本代表・斉藤光毅 オランダ1部・スパルタ移籍

[ 2022年6月25日 11:53 ]

斉藤光毅(20年撮影)
Photo By スポニチ

 ベルギー2部ロンメルのU―21日本代表FW斉藤光毅(20)が、オランダ1部スパルタに移籍することが25日までに分かった。23年6月末までの1年間の期限付きで、オランダの現地メディアによれば、斉藤は既に新天地の練習に合流しているという。

 J2横浜FCの下部組織で育った斉藤は、18年に16歳でトップデビュー。各年代の代表でも活躍し、21年1月にはシティー・フットボール・グループ(CFG)傘下のロンメルに完全移籍を果たし、今季(21~22年シーズン)は公式戦22試合に出場し6得点2アシストをマークした。CFGは成長度合いに合わせて所属クラブも徐々にステップアップさせていく方針で、新シーズンは複数の候補の中からオランダの古豪スパルタでプレーすることが決まったという。

 斉藤は今月、パリ五輪出場を目指すU―21世代で参加したU―23アジア杯(ウズベキスタン)にも参加。全6試合に出場し、チームの3位入賞に貢献した。着実にステップアップしているパリ五輪のエース候補が、新シーズンはオランダでさらなる飛躍を目指す。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2022年6月25日のニュース