×

横浜 天皇杯ショックなし!4発完勝でJ1通算500勝王手 レオ・セアラが全得点絡んだ

[ 2022年6月25日 20:21 ]

明治安田生命J1第18節   横浜4ー0柏 ( 2022年6月25日    日産スタジアム )

<横浜・柏>柏に勝利した横浜イレブン
Photo By 共同

 明治安田生命J1リーグは25日に3試合が行われ、首位の横浜はホームで柏を4―0で下し、今季初の4連勝を飾った。前半17分にトップ下に入ったMF西村拓真(25)が右足で先制点をもたらすと、その2分後にFWレオ・セアラ(27)が加点。同28分にはさらにFW水沼宏太(32)が決め、後半2分には再びレオ・セアラが決めた。フル出場したレオ・セアラは全得点に絡む2得点2アシストの活躍。9番を背負うブラジル人FWは「最初から最後までゲームを支配した。すばらしい試合をした」と満足げに振り返った。

 22日の天皇杯3回戦でJ2栃木にまさかの番狂わせを許したが、レオ・セアラの活躍もあり、直後の試合で悔しさを払拭(ふっしょく)した。これで鹿島に次ぐJ1通算500勝に王手。次戦は7月2日の清水戦。舞台は93年5月15日にV川崎とのJリーグ開幕戦で、歴史的な1勝目を挙げた国立競技場だ。当時の試合に父・貴史氏がプレーしていた水沼は、「偉大な先輩方がつくり上げてきたマリノスでプレーできて幸せに感じている。今いる選手たちが背負ってしっかりやっていくことが大事」と“聖地”での達成に意欲を示した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2022年6月25日のニュース