×

久保出番なしも、マジョルカはオサスナに勝って1部残留 アギーレ監督は続投へ

[ 2022年5月23日 09:40 ]

マジョルカの久保建英(ロイター)

 サッカーのスペイン1部は22日に最終節が行われ、マジョルカは敵地でオサスナ戦を2―0で破り、16位で1部残留を決めた。MF久保建英(20)はベンチ入りしたものの、出番はなかった。

 自力で残留を決めるために白星が必要だったマジョルカは後半2分にFWアンヘル・ロドリゲスが先制点。同38分にMFグルニエがダメ押し弾を決めた。

 1部残留のために3月に就任したアギーレ監督は目標を達成し「1部残留を果たしたのは私ではなく、選手たちであり、彼らのゴールで残留を決めた。喜びが爆発している。選手たちは1部残留に値する戦いを行った。応援に来てくれたファンには無限に感謝しなければ。ファンとともに1部残留を成し遂げたことは我々に二重の喜びを与えてくれた」と満足げ。1部残留の場合は来季も続投するオプションがあったことを明かした。

 久保は今季ベンチ入りした試合で初めて出番がなかったが、今季は公式戦31試合に出場して1部残留に貢献。チームはレアル・マドリードから今季終了までの期限付きで加入している久保に関し、1部に残留した場合は来季の残留を希望していると報じられている。W杯カタール大会(11月21日開幕)を控える中で久保の去就が注目される。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2022年5月23日のニュース