×

前田大然がセルティックへ完全移籍 横浜に感謝「これからも自分らしくがむしゃらに」

[ 2022年5月23日 18:33 ]

セルティックの前田大然(ロイター)

 横浜は23日、日本代表FW前田大然(24)が今年1月に期限付きで加入したセルティックに完全移籍することが決まったと発表した。

 6月にブラジルなどと4試合のテストマッチを戦う日本代表にも選出されている前田は横浜を通じて「スコットランドに来てからも、皆さんの応援は心強かったですし、リーグ優勝という形でいいニュースを皆さんに届けることができました。期限付き移籍の際に伝えた想いが全てですが、これからも自分らしくがむしゃらにチャレンジし続けます。F・マリノスは自分の中でいつまでも好きなクラブのひとつです!#マリノスファミリー最高!」(原文のまま)とコメントした。

 16年に松本(現J3)でプロキャリアをスタートさせた前田は、ポルトガル1部マリティモへの期限付き移籍を経て、20年8月に横浜入り。攻撃サッカーを展開するチームでその才能が一気に開花して得点を量産し、今年1月にセルティックへの期限付き移籍で再び海を渡った。

 セルティックでは横浜時代にも指導を受けたポステコグルー監督の下、公式戦8点をマーク。古橋や旗手らとともにチームの2年ぶり52度目のリーグ優勝に貢献した。昨夏の東京五輪出場後は、日本代表にも選出され続けている俊足ストライカー。6月の4試合では強豪相手に対してA代表初ゴールにも期待がかかる。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2022年5月23日のニュース