日本代表が来年1月21日にウズベキスタンと親善試合!W杯最終予選直前に実現

[ 2021年11月29日 15:02 ]

日本代表の森保監督
Photo By スポニチ

 日本サッカー協会は29日、日本代表が来年1月21日にウズベキスタンと親善試合(埼玉スタジアム)を行うと発表した。ナイトゲームの予定で観客の入場者数制限などは自治体のイベント方針に従い、決定する。ウズベキスタンはFIFAランク84位、過去の対戦成績は7勝3分け1敗。直近では19年1月アジア杯で対戦し、2―1で勝利している。

 来年1月末にはW杯アジア最終予選が再開する。同27日に中国戦、2月1日にはサウジアラビア戦をいずれもホームで戦う。国内組はJ1が12月4日に最終節を迎え、天皇杯も同19日に決勝を行い、オフ期間に突入する。森保監督ら現場サイドからもW杯最終予選前の貴重な「準備の場」として国内合宿&強化試合開催の要望があり、ウズベキスタン戦が実現の運びとなった。

 この日、岸田文雄首相は新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」が欧州などで急拡大する状況を踏まえ、外国人の入国措置は30日午前0時から全世界を対象に禁止すると表明した。日本協会の発表では「入国許可等については、今後政府との調整が必要となります」と明記した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年11月29日のニュース