12月12日天皇杯準決勝、埼スタでの浦和―C大阪戦は条件付きで入場制限撤廃へ

[ 2021年11月24日 05:30 ]

満員の埼玉スタジアム
Photo By スポニチ

 来月12日に開催される天皇杯準決勝の浦和―C大阪戦(埼玉スタジアム)がコロナ下で初めて入場者数の「上限なし」で開催される可能性が高まった。埼玉県が25日以後のイベント人数制限を条件付きで撤廃するため。関係者によれば日本サッカー協会でも制限なしの動員に向けた準備を進めているという。

 「満員」の条件は参加5000人以上かつ収容率50%以上で大声を発しないイベントとなり、主催者(今回は日本協会)が2週間前までに感染防止計画を策定し、埼玉県から確認を受けること。計画には飛沫(ひまつ)の抑制(マスク着用など)や消毒、換気の徹底、飲食制限などの対策を記載し、終了後1カ月以内には結果報告書も求められる。

 計画は25日から受け付けが開始され、日本協会では開催する自治体の方針を順守した上で準備を進める。現在は5000人か収容50%以内を上限とするが、感染者数減少に伴い、Jリーグでも20日の浦和―横浜戦(埼玉)では入場上限2万4000人、フラッグやタオルを掲げる応援スタイルも緩和された。

 埼スタは公式収容人数で6万3700人を誇り、同J1最多記録は6万2241人(06年12月2日、浦和―G大阪)。その埼スタを本拠とする浦和が天皇杯準決勝に登場し、C大阪と激突する。ともに今季限りでの現役引退を発表したMF阿部勇樹(浦和)、FW大久保嘉人(C大阪)らを擁し、注目度も高い対決となり、観衆5万人超も予想される。まだ「声出し」は不可となるが、満員のスタジアムが帰ってくることになりそうだ。

 ≪国立での決勝の上限は未定≫12月19日に国立競技場(約6万8000人収容)で行われる決勝戦の入場者数上限については未定となっている。会場のある東京都は11月30日までのイベントの上限について「5000人または収容定員50%のいずれか大きい方」としており、12月以降も延長された場合は上限は約3万4000人となる。今後、埼玉県に続いて制限が緩和されるかどうかが“入り”を大きく左右する。

 ≪コロナ下J1最多動員は2万1528人≫コロナ下(20年6月以降)で主な国内スポーツ界の観客動員最多は、J1では今季の11月3日に日産スタジアムで行われた横浜―G大阪戦の2万1528人。プロ野球では昨季20年11月8日、東京ドームでの巨人―ヤクルト戦で3万1735人の観客を集めた。スポーツ以外では今年の8月20~22日に行われた国内最大級の野外音楽イベント「フジロックフェスティバル」で、3日間で延べ3万5449人が来場した。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年11月24日のニュース