トランスジェンダー公表の横山久美 米国で入籍を発表「日本の現状を知って頂きたいと思い報告」

[ 2021年11月24日 02:47 ]

横山久美
Photo By スポニチ

 心と体の性が一致しないトランスジェンダーであることを公表していたサッカー女子の元日本代表で米女子プロリーグのワシントン・スピリットに所属するFW横山久美(27)が23日、自身のインスタグラムを更新し、先日プロポーズに成功したことを報告していたなみさんと米国で入籍したことを報告した。

 横山は、なみさんと結婚許可証を持つ写真を投稿し「私事ですがアメリカで入籍したことを報告させて頂きます。もちろん日本では無効ですが、少しでも発展していくことを願っていますし、たくさんの方々に日本の現状を知って頂きたいと思い報告しました。そしてこれからもより一層身を引き締めて頑張るので応援よろしくお願いします」とつづった。

 横山は岡山湯郷、長野などでプレーし、19年12月にワシントン・スピリットに完全移籍した。なでしこジャパンでは通算43試合で17得点を挙げ、19年の女子W杯にも出場した。今年6月にトランスジェンダーであることを公表、10月末にはチームの本拠地のピッチで片膝をついてなみさんにプロポーズする様子をインスタグラムで投稿「彼女はイエスと言ってくれた!」と報告していた。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年11月24日のニュース