×

リバプール南野が今季プレミア初ゴール!クロップ監督も称賛「信じられないほど調子がいい」

[ 2021年11月21日 10:15 ]

プレミアリーグ   リバプール4―0アーセナル ( 2021年11月20日    英国・リバプール )

ゴールを決め雄叫びを上げる南野拓実(AP)
Photo By AP

 リバプールのFW南野拓実(26)が今季リーグ戦初ゴールを決めた。上り調子のアーセナルを相手に3―0の後半31分から交代でピッチに入ると、直後の速攻で右クロスに右足を合わせ、ダメ押しの4点目をゴールに流し込んだ。20年1月のリバプール加入後、これまで公式戦で7得点を挙げてきた南野だが、全てアウェーや中立地で、本拠アンフィールドでは記念すべき初ゴール。熱狂的なサポーターが陣取るKOPスタンドのサポーターに向かってガッツポーズをすると、大きな歓声を送られた。

 出場後、48秒のファーストタッチでゴールを決めた南野に関し、クロップ監督は「私がタキ(南野)にどれほど満足しているか想像できないだろう。彼は信じられないほど調子がいい」と笑顔を見せた。前線の3トップに加えて2列目でも起用可能な日本代表に関し「4つのポジションで交代の重要な解決策になっている」と指摘。「タキがゴールを決めたことに、ここにいる誰もがうれしく思っている。練習でいい動きを見せているが、今日はその通りのパフォーマンスだった。今後、出番があるのは間違いない」とさらなる活躍に期待した。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2021年11月21日のニュース